1. トップページ
  2. >  CMS
  3. >  MovableType
  4. >  コンテンツデータの取り出し – MT7

コンテンツデータの取り出し – MT7

そろそろMovableType7をしっかりさわり始める頃かというところなので
事始めに「コンテンツデータの取り出し」から。

やはり、実際にテンプレートを書いていかないとわからないことが多いや。

コンテンツデータの取り出し

まずは取り出したいコンテンツデータ名で指定して、一覧を取得

<mt:Contents content_type="コンテンツデータ名"></mt:Contents>

要は<mt:Entries>のようなもの。(https://www.movabletype.jp/documentation/appendices/tags/contents.html)
なので、「limit」やら「offset」「sort_by」などのお馴染みのモディファイアを利用できる。

このタグの中で、取り出したい項目を指定して表示させる。

この項目というのは、コンテンツタイプを作るときに指定したコンテンツフィールドの名前

<mt:ContentFieldValue>が、取り出す項目に置き換わることになる。

もし取り出したい項目がカテゴリセットの場合は下記のようになる。

・カテゴリのセットID
<mt:ContentFieldValue>

・カテゴリのラベル
<mt:Categorylabel>

・カテゴリのベースネーム
<mt:CategoryBasename>

もし取り出したい項目がコンテンツデータの場合は

<mt:ContentField content_field="コンテンツフィールド名">

このタグの中でさらに


<mt:ContentField content_field="コンテンツフィールド名">
<mt:ContentField content_field="コンテンツフィールド名"></mt:ContentField>
</mt:ContentField>

というように入れ子にしていくと、取得ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

管理人についてAuthor

mick

素敵なコードを書こうと、日々奮闘するWEB屋です。 常に前に前に進みたいと思いつつ、行きつ戻りつしています。

mickについてもっと詳しく!

覚書カテゴリ Categories

タグリストTags

ROOM8特集コンテンツFeature

おすすめオンラインツールTools