クライアントに提案しやすいレンタルサーバーを厳選しました。 提案のしやすさの目安は、以下のものとしています。
・レンタルサーバーの認知度
・制作会社から人気があって、使いやすい
・運営会社、親会社、母体
・レンタルサーバー運営の歴史が長く、簡単にサービス終了にならなさそうなところ

厳選したレンタルサーバーはこちら

それぞれのレンタルサーバーの特徴

さくらインターネット

価格重視ならこのレンタルサーバー

月額500円から、一通りの機能がそろう環境を手に入れることができる。上はビジネスプロプランまで用意されているので、サイトが成長してきたらプランを変更するという使い方ができる。

XSERVER(エックスサーバー)

コストパフォーマンスの高いレンタルサーバー。

マシンもハイスペックで、ストレージには「SSD」を採用。232Gbpsの大容量バックボーンと、マシン一台に収容する人数も制限。プログラムを早く動作させる機能を導入したりと、早さを求めて進化し続けている印象のあるサーバー

Zenlogic

手軽な価格でVPSの環境を手に入れることができるレンタルサーバー

Yahoo! Japanのクラウド基盤を利用したサーバーなので、安定かつ高速な環境になっている。しかもVPSなので、他のユーザーの影響を受けることもないのがさらに安心。

コントロールパネルも独自のもので、操作性も良く、使いやすい。

お名前.com

GMOインターネット株式会社が提供するレンタルサーバー

際だった特徴は無いけれど、値段の割に必要なものはそろっているという感じ。

365日24時間無料の電話サポート付なので、初心者には安心。

CPI

プランは一つしか無いけれど、マルチドメイン、ディスク容量、データベース、メールアドレス、その他いろんなものが無制限のレンタルサーバー

毎月の費用が若干高めなので、ネームバリューの安心を求める企業や、たくさんのサイトを運営したい人向き

WebARENA

NTTPCコミュニケーションズが提供するレンタルサーバー

NTTが運営ということで、特に際立った特徴もないが、大きな障害もなく安心できる堅実なレンタルサーバー

レンタルサーバーからの機能に関するお知らせ

  • すべてのお知らせ
  • さくらインターネット
  • XSERVER
  • Zenlogic
  • お名前.com
  • CPI
  • WebARENA

ページトップへ